埼玉県熊谷市の救急指定病院|熊谷外科病院

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

熊谷外科病院

お電話でのお問い合わせ 048-521-4115

埼玉県熊谷市佐谷田3811-1 

本文のエリアです。

病院のご紹介

病院の基本方針

皆様の満足と信頼が得られる病院をめざします

患者様の権利と尊厳を尊重いたします

常に安全に配慮した医療環境の実現に努めます

医療従事者の教育・研修に努めます

他の医療機関との密接な連携のもと、
地域の医療水準の向上に努めます

ご挨拶

理事長 山崎望人

 

病院長 山崎哲資

  平成20年4月1日より、熊谷外科病院長に就任いたしました。

  現在、地方の医療は医師・看護師などのマンパワー不足により、厳しい環境が急速に進んでいます。
特に埼玉県北部の医療環境は、限界状態に至っております。

  最近の医療の現状は、エビデンス(【科学的根拠】のことです。エビデンスのもっとも大きな特徴として、権威や個人の経験による治療ではなく、研究によって有効性が確かめられた方法で治療を行うこと)いわゆる標準治療法が主流となっています。

  しかし、私が医療を学んだ大学の教えは 『病気を診ずして患者を診よ』 であり、当院の創設者である
山崎 茂 の治療方針として 『患者は全ての急患と思い診療せよ』 という理念があります。

 当院は、昭和10年に開設以来「救急医療」に取り組んでおります。
当院の理念は、開設より今日までも、そしてこれからも変わることなく続けていく所存でございます。

  埼玉県北部の患者様には、是非とも地元にて最高の医療を受けて頂きたいと考えております。

  エビデンスは非常に重要な考えですが、全ての患者様に適している完璧なものではないと考えております。当院の治療方針は、そのエビデンスを取り入れ、先人の理念を重んじつつ、個々の患者様に適した治療を率先して取り組み、医師・看護師などの医療従事者や病院設備を充実させ、患者様に提供していきたいと考えております。

  当院を受診して頂く患者様には、安全でより良い最先端医療を受けて頂けるよう、取り組んでいく所存でございます。
  今後とも変わらぬご厚誼とご指導を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

病院概要

日本医療機能評価認定ver.6   '13・5

日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本手外科学会研修施設
日本大腸肛門病学会認定施設関連施設
日本消化器外科学会専門医制度認定施設関連施設
日本形成外科学会認定教育関連施設

2次救急指定病院

外来診療科目

外科 内科 消化器内科 循環器内科
整形外科 形成外科 消化器外科 皮膚科
脳外科 肛門外科 乳腺外来 糖尿病外来
泌尿器科 リハビリテーション科  

 

病床種別

許可病床数 154
一般病床数 154

 

看護体制

一般病棟10対1入院基本料
急性期看護補助体制加算25対1(5割以上)
夜間50対1急性期看護補助体制加算

 

施設基準等

一般病棟10対1入院基本料
看護必要度加算2

呼吸器リハ(Ⅰ) 運動器リハ(Ⅰ) 
脳血管疾患(Ⅱ)

廃用症候群リハビリテーション(Ⅱ)

入院食事療法(Ⅰ) 薬剤管理指導料
退院支援加算2 医師事務作業補助体制加算(2)75対1
感染症防止対策加算2 後発医薬品使用体制加算1
療養環境加算 検体検査管理加算(Ⅱ)

救急医療管理加算
地域加算(7級地)
夜間休日救急搬送医学管理料
がん性疼痛緩和指導管理料
がん治療連携指導料
医療安全対策加算2

CT撮影及びMRI撮影

 ペースメーカー移植術および交換術
輸血管理料Ⅱ
在宅時医学総合管理料または
施設入居時等医学総合管理料
無菌製剤処理料1
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算

診療録管理体制加算2

 

指定医療機関

保険指定医療機関 指定 平成11年8月15日
労災指定医療機関 指定 平成11年8月15日
生活保護法指定医療機関 指定 平成11年8月16日
結核予防法指定医療機関 指定 平成11年8月16日
救急告示医療機関 告示 平成27年3月 3日

 

ページトップへ戻る